アークセラーズ オンライン
0 カート
カートに追加しました
    カートに アイテムがあります。
    カートに 1 アイテムがあります。
      合計金額(税込)

      Champagne Lebeau Batiste

      13世紀から続く伝統家系

      ルボーバティストは、レ・コトー・シュッド・デペルネのシャヴォクルクールにあります。主なブドウ畑はレ・コトー・シュッド・デペルネに位置し、歴史はある生産者で13世紀に建てられました。 主に石灰岩土壌で、シャルドネ、ピノノワール、ピノムニエを栽培しています。

      1981年、ピエール・バティスト・ドゥ・ムッシーとロバート・ル・ボー・ドゥ・シャヴォクルクール2つの家族の同盟から生じたドメーヌ。2009年、現当主Florent Lebeauはエペルネーの南斜面とマルヌ渓谷に6ヘクタールのブドウの木が植えられた土地を引き継ぎました。

       また、ドメーヌは有機的な転換を受けています。彼らのシャンパーニュは生物多様性と自然の尊重を促進するブドウの木認定(HVE)高環境価値からのブドウのみを使用します。現在Bio認定を進めており2021年にはまずはシャルドネが認証される予定です。

       「レ・コトー・シュッド・デペルネ」 は 1996 年に13のコミューンのシャンパーニュ生産者並びに葡萄栽培業者によって構成される組織の名称。 「ヴァレ・ド・ラ・マルヌ」と「モンターニュ・ド・ランス」の 間、「エペルネ」の南に位置する。13のコミューンのシャンパーニュ生産者並びに葡萄栽培業者によって構成される組織の名称。粘土と石灰岩の下層土の恩恵を受けています。チョークはシャンパンにフィネスをもたらし、粘土は丸みとフルーティさをもたらします。特に、粘土石灰岩の下層土の恩恵を受けています。