アークセラーズ オンライン
0 カート
カートに追加しました
    カートに アイテムがあります。
    カートに 1 アイテムがあります。
      合計金額(税込)

      Villard Fine Wines

      新たなチリワイン
      チリ初のプレミアムブティックワインカンパニーとして、ティリー・ヴィラールの手で1989年に設立されました。過去30年に渡ってカサブランカ・ヴァレーの最高の生産者の1つとして認められてきました。ここ10年間は、この土地の並外れたテロワールと比類ない特徴を活かして、新たな世代が革新的なワイン醸造技術を導入し新しいスーパープレミアムワインを生み出しています。

      カサブランカ・ヴァレーのパイオニア
      1992年に小さな畑を購入し、ソーヴィニョン・ブラン、シャルドネ、ピノ・ノワールを植えました。 当時、カサブランカ・ヴァレー全体で、独立した小規模生産者による栽培面積は約180haしかありませんでした。 その後、大手老舗ワイナリーが大規模な農場を購入して畑を作り、栽培者からブドウを調達していましたが、当時はワイナリーは建設されていませんでした。 地味なスタートでしたが、2012年には5,000ha以上の畑を作るまでになりました。

      1995年には、ヴィーニャ・マール(現在はサン・ペドロ・タラパカ・グループの所有で、現在はワイン生産施設ではありません)、ヴェラモンテ、ヴィラールの3つのワイナリーしかありませんでした。 ヴィラールは、最初のワイナリーの1つであると同時に、カサブランカ・ヴァレーのブドウを85%使用しワインを生産している唯一のワイナリーでした。 マイポからはカベルネ・ソーヴィニヨンのみの購入でした。
      この土地で栽培したのは別の方ですが、ワイナリーを持ちカサブランカ・ヴァレーのブドウでワイン造りを始めた先駆者のひとりで、ワイン産地としての地名を拡大させることに貢献しています。